「TENDER Co」カテゴリーアーカイブ

TENDER Co./RAGLAN WALLABY SHIRT Prussian blue

入荷が遅れていたRAGLAN WALLABY SHIRTの Prussian blue、もう届かないんじゃないかと思っていたのですが、本日やっと当店に到着いたしました。

今シーズン、シャツのカテゴリーはこのWALLABY SHIRTに力をいれてオーダーしていたため、ちょっとヤキモキしていましたが…

ただポジティブに捉えるとすれば、時期的に着用できるタイミングはバッチリです。

RAGLAN WALLABY SHIRT

PRICE:¥40,000+TAX

SIZE:2/3/4

COLOR:Prussian blue

-ONLINE STORE-

以前ご紹介したワラビ―シャツ(Rinse/Ecru)と同型&同素材となりますので、詳しい仕様はこちらを参考になさってください。

↓↓↓

TENDER Co./LONG SLEEVE RAGLAN WALLABY SHIRT

テンダーが提案するもう一つのブルーカラー、Prussian blue

遡ること1704年、ベルリンにて顔料の研究をしていたJohann Jacob Diesbach(ヨハン・ディースバッハ)によって発見された青色顔料。

退色し易かったそれまでの染料に比べ、格段に品質が向上したそうです。

また1842年にはこの顔料を用いて、Sir John Herschel(ジョン・ハーシェル)卿が、ネガを太陽光にさらし写真に固定するシアンタイププロセスを発明。

2019SSのルックでも、青写真を用いてスタイルを表現しています。

日本では紺青と呼ばれるプルシアンブルー。

日本の絵画にも多く使われ、その印象的な色合いから、広重ブルー、北斎ブルー、ジャパンブルーとも呼ばれています。

と、ブランドから送られてくる説明とWikiで補完した知識なんですが、興味深かったのは日本で急速に広まった要因の一つとして、イギリスが関係しているという部分。

このシャツの製作工程において全く関係はありませんが、ジャパンブルーと飛ばれるプルシアンブルーとイギリスで作られたテンダーのシャツ。ちょっとリンクしているような気がして更に愛着が湧きました。

長い説明はさておき、本当に今回のプルシアンブルー、良い色合いなんです。

画像では分かりにくいのですが、インバーテッドラグランのステッチ部分が白く色抜けしていて、ここ、かなり良いアクセントになっています。

(身長170cm 体重60kg SIZE3着用)

ダブルインディゴを使用したジャケットも同型となりますので、夏のライトアウターとして捉えても◎

同じタイミングでご紹介したかったRinse/Ecruバージョンも、サイズ2&3共に1点ずつストックがございます。

良いアイテムですので、気になられた方は是非店頭にてご覧ください。

TENDER Co./Zoetrope Coat

ダブルインディゴを使用したもう一つのモデル「Zoetrope Coat」

本来、もう少し早い段階で紹介できれば良かったのですが、入荷のタイミングが遅れに遅れ…

納品キャンセルという選択肢もありましたが、展示会時、このコートに惹かれた気持ちを思い出し再オーダー。

夏向けのアイテムではありません。ただこの複雑で興味深いデザインのコートをショップに並べてみたかったのです。

Zoetrope Coat

PRICE:¥78,000+TAX

SIZE:2/3

COLOR:Indigo×Indigo

首元から放射状に広がるステッチが特徴のゾエトロープコート。

いくつもの生地を繋ぎ合わせたように見えますが、実はこのコート、たった5枚の生地で構築されています。

まずはフロント斜めに走るステッチ。これはテンダーではよく見られるBUTTERFLYパターンで、背中心から脇下を抜け、前立てを起点に折り返しています。

折り返して叩いたステッチの一部分は縫い付けず、リベットを打ってポケットに。これは昨年のモデルに多用されていたTESSERACTポケットのディテール。

切り替えているように見せかけて、ボディは左右2枚の生地しか使っていません。

アーム周辺のステッチは今季の新パターン、インバーテッドラグランスリーブによるもの。

袖は一枚で作られていますので、こちらも左右2枚使用。ボディと合せて計4枚。あとは襟のパーツで1枚、合計5枚となります。

5枚の生地に対して…

■前立てのステッチ×2にフロントの斜行ステッチ×2

■袖上部にステッチが入るインバーテッドラグランスリーブ×2&脇周辺のラグランステッチは視覚的に前後で×4

■背面にはBUTTERFLYパターンの始点となるステッチ×1

計11本のステッチを放射状のデザインとして落とし込みながら、そのすべてに意味があるという、「これぞTENDER」的なクレバーでテクニカルな構築方法。

まさにTENDERにしか作れない、オリジナリティ溢れるコートに仕上がっています。

(身長170cm 体重60kg SIZE 3着用)

 

TENDER Co./RAGLAN WALLABY JACKET

TENDER Co./RAGLAN WALLABY JACKET

前回ご紹介したLONG SLEEVE RAGLAN WALLABY SHIRTのジャケットタイプ、RAGLAN WALLABY JACKETが入荷いたしました。

RAGLAN WALLABY JACKET

PRICE:¥56,000+TAX

SIZE:2/3

COLOR:Indigo×Indigo

-ONLINE STORE-

11ozのツイル地を使用したRAGLAN WALLABY JACKET

ファブリックは、タテヨコにインディゴヤーンを使用した、COTTON TAUNTON BROKEN TWILL

イギリスはサウスウェスト州の街「TAUNTON/トーントン」にて、伝統的に織られていた11ozのウール生地を参考に、日本で糸を紡ぎイギリスにて生産された、テンダーオリジナルのファブリックです。

モデルは異なりますが、デザイナー私物の色落ちサンプル。

ダブルインディゴ特有の経年変化にも期待です。

今シーズンの新たなパターン、インバーテッドラグランスリーブも、ホワイトステッチにすることで、視覚的にも良いアクセントを与えてくれます。

フロントのワラビーポケットも、リベットを打ちこみジャケット仕様に。

このディテールも初期のワラビージャケットと同じく、補強生地が挟み込まれています。

(身長170cm 体重60kg SIZE3着用)

 

着丈も短く、今時期のアウターとしてバランスの良い仕上がりです。

この手のジャケットは季節を問わず活躍してくれますので、気になられた方は是非店頭にてご覧ください。

TENDER Co./LONG SLEEVE RAGLAN WALLABY SHIRT

本日2回目のブログとなります。

TENDER Co.やっと2019SSスタートです。

入荷第一弾は、新モデルのラグランワラビ―シャツ。

一応、2色セレクトしているのですが(もう一色はプルシアンブルーが入荷予定)、待ちきれないので、まずは先に届いたエクリュからご紹介いたします。

LONG SLEEVE RAGLAN WALLABY SHIRT

PRICE:¥38,000+TAX

SIZE:2/3/4

COLOR:Rinse/Ecru

-ONLINE STORE-

マッキントッシュのファブリックを使用したLONG SLEEVE RAGLAN WALLABY SHIRT

このファブリック、正確には「マッキントッシュクロスの元となる生地」。

この生地を加工して、ゴム引きの防水布が出来上がるのです。

作り方はなんとなく把握していたのですが実際の生地を見るのは初めてで、展示会時に触れた時は、ちょっとテンションが上がってしまいました。

毎シーズン様々な素材を使い楽しませてくれるTENDERの洋服、今回も期待を裏切りません。

素材感は薄手で軽く、しなやかなタッチ。

ウォッシュも相俟って、雰囲気のある表情となっています。

フロントには2017SSシーズンに使われていた、ワラビーポケットを踏襲。

今シーズンのボタンはウッドタイプになります。

フロントはバタフライパターン。こちらもTENDERのコレクションにて散見されるディテールです。

そして今回一番の特長は、ブランドでも初となるラグランスリーブ。

インバーテッドラグランスリーブと名付けられたテンダーオリジナルのパターン。

イギリステーラーリングのバイブル「The Modern Tailor Outfitter and Clothier 」から伝統的なラグランスリーブを検証し、オリジナルのパターンを開発したとのこと。

アンダーシームとサイドシームを排除することで、ストレスのないフィッティングとなっています。

(身長170cm 体重60kg SIZE3着用)

細かなディテールに対し、様々なアイディアを駆使していることから、必然的に作られる型数は少なくなっています。

その分、ひとつひとつのアイテムはスペシャルな仕上がりとなっていますので、気になられた方は是非店頭にてご覧ください。

TENDER Co./Type130 Tapered Jeans

TENDER Co. 2018AW START

入荷第一弾は、Type130 Tapered Jeans

裾に掛けて緩やかなテーパードが入ったType130

当店でも長くセレクトしているベーシックモデルです。

Type130 Tapered Jeans

PRICE:¥46,000+TAX

SIZE:2/3/4

COLOR:Indigo/Rinse Wash(ワンウォッシュ済)

SOLD OUT

-ONLINE STORE-

17oz(ウォッシュ後)の岡山産デニムを使用した、テンダーの定番モデル。

フロントは3ボタン。トップにはテンダーマークが刻印されたブラス製のチェンジボタンを装着。

 

ダメージが入りやすいポケットの入口には、デニムのミミを挟み込み強度を高めています。

こちらも強度の流れで。

ポケットの袋はスレキではなく同じデニム生地を使用。また穴の開きやすいポケット底部分にもミミを挟み込んでいます。

ベルトループ裏も別生地で補強。

股下の縫いは後ろから前へ。これも摩擦による股下のダメージを軽減させるという気の利いたアイディアです。

 

カウボーイのスタイルを継承したダブルターンアップ。

テンダー推奨のロールアップですが、この辺りのバランス調整は店頭にて承ります。

 

そしてテンダーならではのオリジナリティ溢れるバックスタイル。

特徴的なスクエア型の“66”バックポケット。

ポケット左側のステッチを上まで伸ばし、数字の66を表現。

これはリーバイス66モデルへのオマージュなんですが、ジーンズという最も差別化が難しいカテゴリーの中で、全く違うデザインのものを作りながら原点へのリスペクトを作品に落とし込む。

上記で説明した通り、テンダーのジーンズは様々な工夫が凝らしてあるのですが、個人的にはこの66ステッチが一番魅力的なディテールだと思っています。

(身長170cm 体重60kg SIZE3着用)

TENDER CO./CROSS WEAVE

本日2回目のブログは、TENDER Co.の新作をご紹介。

TENDER Co.に関しては、このモデルが2018SSの最終入荷となります。

コレクションスタート時から一貫して、日本で作られた16ozのセルビッジデニムを使用していましたが、今回は新たにイギリス製のインディゴ生地を開発。

11ozのライトウエイトデニム“Cross weave denim”

この生地、テンダーらしくユニークな作り方をしているのですが、それに合わせてシンボルマークも横回転。

こういったアレンジにも、デザイナーのセンスを感じます。

Type130  Tapered Jeans Cross-Cut Trews

PRICE:¥46,000+TAX

SIZE:2/3

COLOR:Rinse Wash

-ONLINE STORE-

アメリカ製のリングスパン糸に、25回ロープ染色を施したというオリジナルファブリック。

 

なんですが、全体的な印象はライトトーン。

25回もインディゴ染料に浸したようには全く見えません。

実はこの生地、インディゴ糸をヨコに張り、タテにナチュラルの綿糸を使っているのです。

そしてそれを右綾織で織り上げているのですが、画像を見る限り、生地の流れは左綾織。

説明が長くなりますがこのデニム、更にその生地を横に使い左綾織のように見せているのです。

シンボルマークの横使いは、ここにリンクしています。

セルビッジデニムではありませんので、今回は脇に縫い目のないシームレス仕様。

 

他のディテールは通常のType130と同じとなります。

ただ生地の収縮方向の違いから、既存のType130とはフィッティングが異なり、ややタイトに仕上がっています。

現在お問い合わせを多く頂いているType130

ノーマルのType130をお探しの方は、2018AWでオーダーしていますので、次のシーズンまでお待ちください。

経年変化に興味がありましたので、一先ず個人オーダー分としてサイズ2を購入。

身長170cm/体重60kgの自分はサイズ2がジャスト。ただストレッチ素材に近い伸縮性がありますので、ウォッシュ済みを考慮すると、もう少し伸びるかな、という印象です。

(身長170cm 体重60kg SIZE2着用)

ブランド初のイギリス製デニムを使用したType130

穿き始めはちょっとタイトかな、と感じていたのですが、この生地、とても馴染が良くて、徐々にフィットしていくイメージです。

1日着用すれば、このジーンズの穿き易さに驚くはずです。

こちらも明日より販売したしますので、気になられた方は是非店頭にてご覧ください。

- TAG