TENDER CO. CROSS WEAVE

本日2回目のブログは、TENDER Co.の新作をご紹介。

TENDER Co.に関しては、このモデルが2018SSの最終入荷となります。

コレクションスタート時から一貫して、日本で作られた16ozのセルビッジデニムを使用していましたが、今回は新たにイギリス製のインディゴ生地を開発。

11ozのライトウエイトデニム“Cross weave denim”

この生地、テンダーらしくユニークな作り方をしているのですが、それに合わせてシンボルマークも横回転。

こういったアレンジにも、デザイナーのセンスを感じます。

Type130  Tapered Jeans Cross-Cut Trews

PRICE:¥46,000+TAX

SIZE:2/3

COLOR:Rinse Wash

-ONLINE STORE-

アメリカ製のリングスパン糸に、25回ロープ染色を施したというオリジナルファブリック。

 

なんですが、全体的な印象はライトトーン。

25回もインディゴ染料に浸したようには全く見えません。

実はこの生地、インディゴ糸をヨコに張り、タテにナチュラルの綿糸を使っているのです。

そしてそれを右綾織で織り上げているのですが、画像を見る限り、生地の流れは左綾織。

説明が長くなりますがこのデニム、更にその生地を横に使い左綾織のように見せているのです。

シンボルマークの横使いは、ここにリンクしています。

セルビッジデニムではありませんので、今回は脇に縫い目のないシームレス仕様。

 

他のディテールは通常のType130と同じとなります。

ただ生地の収縮方向の違いから、既存のType130とはフィッティングが異なり、ややタイトに仕上がっています。

現在お問い合わせを多く頂いているType130

ノーマルのType130をお探しの方は、2018AWでオーダーしていますので、次のシーズンまでお待ちください。

経年変化に興味がありましたので、一先ず個人オーダー分としてサイズ2を購入。

身長170cm/体重60kgの自分はサイズ2がジャスト。ただストレッチ素材に近い伸縮性がありますので、ウォッシュ済みを考慮すると、もう少し伸びるかな、という印象です。

(身長170cm 体重60kg SIZE2着用)

ブランド初のイギリス製デニムを使用したType130

穿き始めはちょっとタイトかな、と感じていたのですが、この生地、とても馴染が良くて、徐々にフィットしていくイメージです。

1日着用すれば、このジーンズの穿き易さに驚くはずです。

こちらも明日より販売したしますので、気になられた方は是非店頭にてご覧ください。

- TAG